手縫い~玉結びをやってみよう(写真編)

玉結び その他

今回は、前回のイラスト編を写真で載せてみます
より分かりやすくなるかと思います

糸の用意

糸

肩幅くらいの長さに糸をカットして準備します
練習用なら針を準備しなくても、糸のみでOKです

まずは片手バージョン!

玉結び

ひとさし指に糸を巻き付けます(2~3周)

玉結び
玉結び

そのまま糸を上に(ひとさし指先端まで)ねじります
うまくいかなくて、何度もねじってしまうと元に戻ってしまいます
その場合は、もう一度巻き付けるところからやり直します

玉結び
玉結び

ねじり上げたら、上の糸を親指と中指ではさみます
ひとさし指を離します

玉結び

そのまま、指の中に結び目ができるまで糸を引きます

玉結び

余分な糸はカットして完成です

次に両手バージョン!

玉結び
玉結び

指ー糸ー針、の順番で重ねます
この時、針からはみ出す糸を最小限にしておくとうまくいきます
長いと完成時のはみ出しが長くなり、短いとその分はみ出しはなくなります
あまり短すぎると、巻き付けるときに抜けてしまったりするので
何度か試してみてください

針で糸を押さえた状態で、糸を巻き付けます(2~3周)

玉結び
玉結び

次に巻き付けた糸を下ろします
最初に抑えた部分までしっかりと下ろします

下ろしたら、指を離さないように注意しながら、巻き付け部分を親指で押さえます

玉結び
玉結び
玉結び

針を上に引き上げます

針と糸をはさんでいる指は、離さないように注意しましょう
離さないように、ゆっくりと、最後までしっかりと引き上げます

指の中で、結び目ができていく感触を感じられると思います
最後まで引いたところで完成です
指を離すと中できれいに結び目ができています

玉止め

余分な糸はカットします

くりかえしが大事

どちらのバージョンも、出来上がりは一緒ですので
自分のやりやすい方でいいかと思いますが
両方覚えておくと、場面場面で役に立つことがありますので、ぜひこの機会に習得してみてください

ブタぶひ

くりかえしの練習が大事!

ではまた♪

コメント