マスクケース~作って使って改良して、やっと完成

マスクケース

2週間ほど前、洗えるマスクケースについて書きました

それからしばらくは、ご機嫌さんで使っていたのですが、
だんだんとちょっと気になる点が出てきました

マスクケース

柔らかくて手触りもよく、大きめ(*^^*)
手持ちの大きめマスクもすべてスムーズに出し入れできる(*^^)v
とても気に入っていたのですが・・・

ブタなく

気になる事が2点

1つはこのスナップ

時間があるときは大丈夫
気持ちにも余裕があるからパチッと止めることができる
でもちょっとでも慌ただしいと、もうイラつく・・・年のせいですか?
留めずにマスクをはさんだだけでバックに放り込む私・・・
そしてバックの中でそれはもう大惨事ですよ・・・(T_T)

挟んだだけいいか・・・と慰めました


もう1つはこの大きさ

大きめがいいと言いながら、この大きさに悩まされました(15×15㎝)
この大きさのものがバックに入るとなると、結構場所をとります
しかも柔らかいから、そっと入れたとしても、すぐグニャッとなってプチストレス(T_T)
それ以前に、そっと入れるのがもうストレス(T_T)
よって改良しました!(^^)!

マスクケース
ブタ大丈夫

スナップ廃止でボタンで巻き巻き

スナップをとったらこんなになってしまいましたが仕方なし(*_*)

マスクケース

ボタンとゴムをつけて巻くタイプにしました
3等分もよし(右側)
4等分もよし(左側)

マスクケース

これならばしっかり留まって、バックにもスッと入れ込むこともできるし
放り込んでも大丈夫(^^♪
バックの中で迷子になっていても、手探りで引っ張り出すこともできます(笑)

ブタいえい

注意点

クルクル巻いてしまうから、ノーズワイヤー入りのものは使わない方がいいかもしれませんね

いいと思って考えて作っても、実際使ってみないとわからないことがありますね
まずは自分で使ってみることは大事だなーと思いました

ブタはい

まだまだマスクは必需品の生活が続きます
もうマスクなしの頃を忘れてしまっているような気がします

時々、マスクをしない人を見かけるとちょっとドキッとしてしまいます
そして、あ、外だからいいのかな・・・などと考えたり(;^ω^)
そのくらい密接に生活の中にマスクが当たり前にあるんだなと感じます

冬を越えて、春になってくると、その暖かさにホッとする反面
マスク下の肌が気になってきます
肌荒れ防止のためにも、綿やガーゼのマスク~手作りマスクでもうしばらく頑張りましょう

ではまた♪

コメント