【試作】マスクカバー~使いやすさと見た目

マスク

マスクカバー~連日考える日々φ(..)メモメモ

以前の記事はこちらから⇊

なかなか、これといって気に入ったものにならずに悩む日々を重ねています

見た目はいいけど、使いにくかったり
見た目も微妙で、使い勝手も微妙・・・
↑今ここであります(・´з`・)

入れやすくて出しやすくて、できたら見た目もそこそこで・・・
何とか納得のいくマスクカバーを作りたい・・・
もう少しだけ粘りました(^_-)-☆

マスク
マスク

使いやすくする

まずは使いやすさを考えよう

コットンフレンドソーイングのマスクカバーからは、いったん離れて
一から考えてみました

布の中に不織布マスクがおさまっていて
マスクの出し入れも、ある程度やりやすくて
蛇腹部分を広げるのも楽で・・・

まずは、ここからはじめてみることにしました
見た目については、それから考える・・・

そして試作を重ね、完成したのがこれ↓

マスク


下部分をざっくり開放しましたヽ(^。^)ノ

マスク

型紙を考える

市販の不織布マスクを元に、型紙をおこします
ザックリと大まかな大きさを用紙に写し、切って合わせてみます

とりあえずはこれで縫ってみます

マスク
マスク
マスク

ほぼ折るだけ

  • 中心部分を縫ってジグザグ
  • 上を縫って、ステッチ
  • ぐるりとアイロンで二つ折り
  • そのままジグザグ
  • 端を縫いとめて完成
マスク
マスク
マスク

試着そして修正

下が大きく開いているから、マスクの出し入れも楽々♪
ほぼストレスなく、入れることができました

マスク

試着してみると、下部分がちょっと長い
開いているので納まりが悪いというのも関係しているのだと思います
少しカットします

マスク
マスク

上にくらべて、下は少し直線に近い曲線になっています

入れてみた

目で見て、しっかりと上の方まで入れ込むことができます
両端からゴム部分を出して、マスクの蛇腹を広げて布となじませます

マスク
マスク
マスク

どうなんだろう・・・再

多少の息苦しさはあるものの、
これは、たぶん普段不織布マスクをし慣れていないためのものなのでしょう

しっかりと肌に密着していて、効果は◎だと確信(*^^)v
一応これで完成形としました

心配していた見た目は、多少下が開いているので
うん?それどうなってんの?みたいな違和感はあります(^_^;)

しかし、今や日本全国、一億総マスク時代(`・ω・´)
いろんなマスクがあっていいのだ!こう思う事にしました

ブタ風邪

不織布マスクは、肌が荒れるから困ったな・・・

よくよく考えると、すべてはここからはじまっているのだから、
切りっぱなしガーゼを当てるのと変わらないのでは・・・
心のどこかで思っている自分もいます(;^ω^)

ブタマスク


どんなマスクであろうと、とりあえず着けていたらOK(#^^#)
落ち着くまでは、しばらくマスク生活は続くのだから
どんな形のマスクでも、じゃんじゃん取り入れて、暑い夏も乗り越えていこう٩( ”ω” )و

ではまた♪

コメント