手作りリボン~お気に入りの布で気軽に作れたら・・・

リボン

リボンを自作します

子どもの洋服を作った時、余り布でリボン作れたら・・・
でも難しそうだしな・・・

また、気に入った布がほんのちょっと余ってしまった・・・
無地と組み合わせてプチリボンを作りたい・・・
でも・・・

リボン

裏にピンを付けてブローチ風にするのもよし◎
ゴムと合わせてヘアゴムもまたよし◎
一度作り方を理解してしまえば、どんな大きさにも対応できます

いちいち本やネットをさがしたりするのも大変です
もう頭に入れておくのが一番(*^^)v

ブタビク

二種類のリボンを作ってみましょう

今回は、簡単に説明をしていきます
それでもうバッチリ理解できたらなら・・・かなりの上級者(#^^#)
よーくわかっていらっしゃいます

もしも何だかよくわからなかった・・・という人も大丈夫
次回以降、しっかりと深堀していきます

サイズの設定

自分の作りたいリボンのサイズを書きだします
まずはイラストを描いて、サイズを書き込んでいきましょう
下リボンのつくタイプの場合は、そのサイズも書きます

  • 本体地の目は、バイヤス方向
  • 帯の地の目は、縦方向
  • 横のサイズ①④
  • 幅のサイズ②
  • 帯の幅③
リボン
リボン
リボン
リボン

本体のリボンは必ずバイヤス方向でとりましょう
縦横で裁つと、仕上がった時はよくても、そのうち必ずヘタってきます
ここは要注意です

バイヤス方向って何?

布の方向についてはこちらの記事を参考にしてくださいね

裁断

こちらの二種類を作ってきます

リボン
リボン
リボン

バイヤス方向で裁断するので、少しだけ布が多めにかかってしまうかもしれませんが
きれいな仕上がりのため、妥協は禁物ですよ

リボン
リボン

縫っていきましょう①

リボン
リボン
リボン
リボン
リボン
折りたたんで仕上げます
ブタぽ

縫っていきましょう②

リボン
リボン
リボン
リボン
リボン
リボン
折りたたんで仕上げます
ブタ大丈夫

仕上げ

ピンをつけたり、ゴムを通したり、またバレッタをつけたりして楽しんでください

サイズの決め方がわかってくると、いろいろな大きさのものができて
ちょっと楽しくなってきます
異なる柄や素材の布と組み合わせて作るのもいいですね

リボン
ブタ定規

少し大まかな説明になりました
次回は、もう少し詳しく説明いこうと思います
こんな感じなんだ・・・という程度に何となく理解しておいてもらえるとありがたいです

ではまた♪

コメント