【イージードルマンブラウス】サンプランニングの型紙~見返しをバイヤステープで始末する♪

チュニック 洋服

サンプランニングの切って使える型紙~よく使ってます

しかも、アレンジしても使っています
こういうシンプルな型紙が一つあるだけで、とても便利です

チュニック

袖に切り替えを加えて、袖丈を長く変えてみたり
丈も、少し伸ばしてロングバージョンにしたりします

チュニック

袖が続きになっているので、着心地ゆったりで
袖付けがない分、工程を短縮できます

縫い目が気になるパジャマなどは、最適です

衿ぐりが詰まっていたり、衿があるパジャマが苦手なので
衿ぐりは思い切って広く変更したりもします

いつもこの型紙を使って、パジャマを作ります(#^^#)
柄などに気を付けると、普段着使いにもなりますね

チュニック

衿ぐりをバイヤステープを見返しにするやり方です

チュニック

以前こちらで記事にしたバイヤステープのやり方が、包むタイプになります
ロックミシンやジグザグミシンの代わりに、バイヤステープで包みましょうというやり方です

今回は、また全く違った用途でバイヤステープを使用します
見返しとしての使い方、縫い付け方です

ほぼ曲線の工程ですので、ちょっとだけ注意しましょう

きっとこれから簡単な洋服作りは、見返しをバイヤスにしようかなー簡単だし(#^^#)
と思っていただけると嬉しいです

ちょっとだけ中級編です

ブタはい

ピンを使って

衿ぐり部分にバイヤステープを使っていきます

チュニック

衿ぐりに縫い代分離してテープを置きます(縫い代5㎜)

テープが浮き上がらないように注意しながら、
衿ぐりに沿ってテープを置いていきます

外側のテープの端をピンで留めておきます

バイヤステープ
バイヤステープ

ピンをとめたまま

ピンをとめたままの状態で、内側のバイヤステープを開きます

折り目から少し外側にミシンをかけます
この時ピンは外さずに、刺したままにしておきます

カーブがきついところは、テープが波打ってやりにくいですが
バイヤステープは伸びる半面縮めることもできます

バイヤステープ
バイヤステープ
バイヤステープ

ピンを外して仕上げ

ピンを外して、バイヤステープを裏側に回しアイロンをかけます

表地が少し見えるくらいにします
しっかりとアイロンをかけたら、仕上げのステッチをかけます

バイヤステープ
バイヤステープ
バイヤステープ

しっかりと縫い縮めることができると、外周のステッチがきれいにおさまってくれます

まとめ

  1. 前身頃、後ろ見頃、それぞれ別にバイヤステープを縫い付けてアイロンをかける
  2. 前身頃と後ろ見頃の肩を縫い合わせる
  3. 肩の縫い代の処理をする(ロックミシンなど)
  4. アイロンで整える
  5. 衿ぐり1周ステッチをかけて仕上げる
バイヤステープ

テープを縮めながらつけるのに少し苦労するかもしれませんが
ここで付けやすいままに縫い付けてしまうと、仕上がりが反ってしまったりするので
しっかりと入れ込んで縫い付けましょう

おまけ

衿ぐりに使ったバイヤステープで袖の切り替え処理をしました
縫い目も袋縫いにして、ロックミシン・ジグザグミシンは使っていません

チュニック

縫い目を切りそろえるというひと手間を省いたばっかりに・・・
糸尻がバラバラでてます(^^;←ちゃんとやりましょう

チュニック
パジャマだからいいか―という気のゆるみ(^^ゞ
チュニック
衿ぐりも大きく開けて◎
チュニック
肩から袖はこんな感じ
着画(◎_◎;)

今年はなぜかすごく寒くて、冬用のもこもこパジャマを着ていたのだけど
やっぱりダブルガーゼのものが一番(#^^#)

ブタ朝

ダブルガーゼの自作パジャマでいい睡眠を(-_-)zzz

ではまた♪

コメント