【小物】ランチバック作り~三つのポイントでクオリティアップ

ランチバック

ちょっとあると便利☆ランチバック☆

もちろん買ってもそれほど高いものでもないし
百均でも売ってますからね

かんたんな物なので、お好みの布で作ってみませんか?
お弁当を入れるだけではなくて、ちょっとした買い物時のミニバックにもなります

ランチバック

柔らか素材で作って、今回もまた巻き巻きします(笑)

作り方を知っていれば、大きさを変えたり材質を替えたりすると
また違った用途のバックも、作ることができるようになります

今回は、気をつけたい三つのポイント(入口・持ち手・袋縫い)について書いていきます

ランチバック

本体口・厚紙を使って折る

裁断が終わったら、まずは本体の口を折っていきます

ステッチは、最後の作業となりますが
平らな布の状態で、折り目のみ付けておくと、あとの作業が楽々になります

ランチバック

接着芯などを使わずに仕上げる場合
口部分は、地の目が横向きとなり、伸びやすいところです

厚紙を使って、折ると、伸びることなくきれいな直線を作ることができます
袖口などにも応用でできますよ

ランチバック
ランチバック
ブタアイロン

持ち手作り・アイロンと棒でていねいに

持ち手は、中縫いしてから表に返します

2㎝幅で縫ったら、縫い目にアイロンをかけて、表に返します
はじめのアイロンは、わをつぶさないように気を付けて、縫い代を折り倒します
仕上げのアイロンは、裏から見て、表側が少し見えるようにかけていきます

ランチバック
ランチバック
ランチバック

端が縫ってない場合の返し方

先端が縫ってない場合は、棒を刺し入れる場所を工夫していきます

3~5㎝付近に刺し入れて、そのまま出口まで進みます
貫通したら、全体を引き出してアイロンで整えます

ランチバック
ランチバック
ランチバック

両端にステッチをかけて、持ち手完成です

ランチバック
ブタロール

袋縫い・隠れる部分は工夫して

袋縫いをしていきます

基本の袋縫い
外表に布を合わせて、中縫いミシン5㎜を縫います

5㎜しっかり縫ってしまうと縫い代が足りなくなる
脇の縫い代は、1.5㎝になっています
中縫いミシンは5㎜、仕上げミシンは1㎝合計1.5㎝
布によってまたアイロンのかけ方によって変わってしまい、なかなか計算通りにはいかない
中縫いミシンを3~4㎜で縫っておく

袋縫い
袋縫い

袋縫い・応用していきます

このようなバックの場合、出来上がり線から折り返されるため
隠れる箇所は、袋縫いはせずに縫い割りにします(厚さ軽減のため)

ランチバック
ランチバック

外表に折りたたんで、中縫いミシンを3~4㎜で縫います
出来上がり線まででとめます
縫い代は、切りそろえておきます

ランチバック

出来上がり線上に切り込みを入れて、今度は中表にたたんでアイロンをかけます
仕上げミシンを脇線(1㎝)でかけます

ランチバック

アイロンをかけます
出来上がり線から下の袋縫いは片側倒し、上は割って仕上げます

ランチバック

中に入ったところは、厚みが軽減され、スッキリと仕上がります

ランチバック
ブタチラ見

たためるのが大事

同じように見える二つのバック
マチをそれぞれ変えてみました

ランチバック

マチについてはこちらを参考にしてみてください⇊

折り返すだけのマチ

ランチバック
ランチバック

三角に縫ったマチ

ランチバック
ランチバック

両方同じようにたたんでしまえます
引き出しなどにしまいたい場合は、このままで平らのままで(^_-)-☆
これにボタンとゴムをつけて、巻き巻きすれば、どこにでも放り込んでも崩れなし(^^♪

ランチバック

そこら辺につるしておくのもいいけれど
やっぱりスッキリしまっておきたい、と思ってしまいます

ボタンは、木製のものと黄色のチューリップ(プラ製)にしました
(※チューリップの方は、足つきボタンなので、ゴムを通してあります
木製ボタンは、ゴムは巻き付けてあります)

ランチバック
ランチバック

まずは薄めの布で作ってみてくださいね
持ち手は市販のテープでもいいですし
ポケットはなくても大丈夫
マチを作らなければ、普通のペタンコバックになりますし
素材を変えて大きくすれば、買い物用エコバックにもなります

・・・・・・・巻き巻きなんてめんどうだよ(。-`ω-)
それなら、ボタンもなしで(#^.^#)

思うがままに作るのが一番ですからね♪

ブタ行楽

季節もいい事ですし、これをもってどこかに出かけてください
その辺に(^_-)-☆

ではまた♪

コメント