ポケットティッシュケース~基本

ティッシュケース

ポケットティッシュケースの作り方です

折って折って上下を縫うだけの、簡単なものです
すぐできるのでいくつも作ってプレゼントにどうぞ♪

いつものように深堀もしますので、楽しみにしていただけると励みになります

ティッシュケース

型紙を作ろう

12.5×36の長方形を描き、その中に図のように区切り線を入れておきます
①④実線は山折り、②③⑤の点線は谷折りを表します

まわりをカットし、型紙を作っておきます

ティッシュケース
布の方向も忘れずに

裁断しよう

布の縦方向に注意して裁断していきます

布は、表側を上にして置き、その上に型紙を重ねます
両端は縫い代なし、上下は縫い代1㎝をそれぞれ取り、印をして裁断します

山折り谷折りの印も忘れずにします

ティッシュケース
ティッシュケース

折ってアイロン

山折り谷折りの指示通りに布を折っていきます
まずは手アイロンで形を整えた後、アイロンでしっかりと押さえます

ティッシュケース
ティッシュケース

縫います

ティッシュケース
ティッシュケース

表に返します

上下縫ったら表に返して、アイロンで整えたら完成です

4つの角をしっかりと出し、取り出し口が開いてしまわないように注意しながら
全体にアイロンをかけて整えます

ティッシュケース

まとめと疑問点

型紙を作り、裁断し、折って、縫って、仕上げアイロンで完成です

ティッシュケース
ティッシュケース
ティッシュケース
ティッシュケース

こんな小さくて簡単そうに見えるものであっても、
実際やってみると様々なはてな❔が出てきます

作るものが小さくなればなるほど、正確性が求められてきます
洋服ならば1.2㎜などそこまで影響はしなくても
小物のそれは大きく影響してしまう時があります

例えば今回のティッシュケースのポイントとして

  1. 角はきれいに直角に
  2. 離れないように
  3. 開いてしまわないように
  4. 最後にゆっくりとアイロンで
ティッシュケース

このようなことに注意を払いながら作っていきます
もちろん布の方向は、まず最初に考えなければならないことですが、
なぜ、こちらの方向にするのかも考えたいです

そしてそれは、簡単な小物作りにとどまらず、洋服作りへとつながっているのです

ひとつひとつの事を、ていねいに仕上げていく
それが、きっと自信をもって世に出せる作品へと進化していくのだと思います

ブタかりかり

しっかりと掘り下げていきますので、ゆっくりとお付き合いくださいね
今後ともよろしくお願いします(#^.^#)

ではまた♪

コメント