【資格】洋裁講師になるために~家にいても忙しくても、頑張れば取れる資格を考える

資格 洋裁雑感

好きではじめた趣味の洋裁

色々縫っていくうちに、いつか趣味の域を越えたい!
そして誰かに伝えたい
小さくてもいいから、自宅の一角にスペースを作って、
空いてる時間を利用して、洋裁を教えたい
・・・・・・そう思う事はありませんか?

自分の作った作品も売ったりできたらいいな
そう、お店兼教室もいい(^^♪

お直しなんかも受け付けて、ペットの洋服とかいいかも

・・・・・・夢は広がる

でも・・・どうやったらいいのかな
家事や育児に追われる日々、しかも地方に住んでいるため
簡単に習いに行ける時間も場所もない
お金だってかかるだろう・・・(+_+)

行けたとしても、この今の状況(コロナ禍)を考えると難しいし
リモートではわかりにくい・・・( ;∀;)

八方ふさがりに思える状況でも、元気を出すのです
将来のために、今から少しずつでも準備をする事、大事です

どんな状況でもとれる資格を紹介していきます

備えあれば憂いなし

今できることをやっていきましょう
そうすれば必ず光が見えてきます
これホント(#^.^#)

ブタ想像

おススメ講座

洋裁なら
文化服装学院 通信教育講座です

こちらの服装コースを修了し、申請手続きをして認定を受けると
学習グループ指導員として活動することが可能
です
受講中の方々に学習上のアドバイス、技術指導などができるようになります

服装コースを終了した時点で、自宅での洋裁教室も可能になりますが
指導員資格も同時に取得しておくとより心強いですね

また、こちらの服装コースは、文部科学省の認定通信教育講座になっています
終了後、申請する、または一定の講座を受講すると、
社会通信教育協会主催の服飾の生涯学習インストラクターの資格が取得できます

2級→指導者・講師の補助
対象講座を修了し、所定の申請手続きをする

1級→指導者・講師
2級インストラクターの有資格で、
1級インストラクター資格取得のための研修講座等を修了し、所定の申請手続きをする

詳しくはこちらのHPにてご確認を

社会通信教育協会

服装コース(文部科学省認定通信教育)
☆学習グループ指導員資格取得対象講座/☆生涯学習インストラクター資格取得対象講座

雑貨・手芸系なら
日本創芸教育のハッピーチャレンジゼミの雑貨ハンドメイド講座を受講します
終了すると「ハンドメイド・クリエイター」資格が取得できます

こちらの講座は、日本通信教育振興協会の生涯学習奨励講座になっていますので
講座終了後、協会の主催する「学習指導員講習」を受講し、
講習受講後実施される資格認定試験に合格すると、学習指導員として認定されます

詳しくはそれぞれのHPでご確認お願いします

公益財団法人日本通信教育振興協会
ハッピーチャレンジゼミ「雑貨ハンドメイド講座」

どれも在宅で、自宅での勉強のみです
いずれも、少しまとまったお金がかかります
HPには「難しくはありません」とはありますが、
一定期間かなりの熱量で取り組まなければならないことは確かです

服装コース、雑貨ハンドメイド講座は、実技が主になっていますので、
ある程度手間と時間はかかります
これを何とかクリアできれば、その後の協会での生涯学習の講座は、筆記のみです
全て在宅・机上で完結しますので、何とか時間を見つけて勉強あるのみです

必ずまずは資料を取り寄せて、ご自分の生活と照らし合わせ、しっかり検討してみましょう

ブタへー

資格は必要?

洋裁を教えるために資格は必要でしょうか

例えば公民館の生涯学習講座として、または手芸店の一角で
自宅を開放してのハンドメイド講座など、いろいろな場合が考えられますが
絶対に必要!というような資格は、ありません

何も資格がなくても洋裁講座は開けます
自宅又は店舗などで、洋裁講師として教室を開くことも可能です

ただ、そもそも何も縫えないなら、普通洋裁講座を開こうとは思わないので
多少は洋裁に関して自信がある人の場合、という事になります

ある程度年数も重ね、ひと通り縫えた場合、
次のステージとして、教室を持って講座を開いたり、お店をやったり
作品をネットで売ったり、していきます

ある意味アートなので、正解、不正解とかはなく
好きか嫌いかの世界
教えることも同じで、定番のやり方はあるけれど
それらすべてが正解でもなく、自分のやり方を確立していくものです

しっかり教えることができるのか!その自信があるのか
本当は、資格よりも気持ちが一番大事なのです

どんな立派な資格を持っていようと、現場でアタフタしてしまってはいけません
何があるかわからない・・・それが現場←実感\(◎o◎)/!

ブタ疲労

経歴をふり返る

  • 服飾系の学校へ行きました(さらに教職免許も持ってます)
    →これは文句なし
  • 洋裁学校へ〇年通いました
  • (個人の)洋裁教室へ〇年通いました
  • リフォーム店に○年勤務してました

こんな理由付けもあります

でも、そんな経歴も一切なし
ただ趣味で(もしくは仕事で)洋裁をやってきただけならば

今から学校へ何年も通う事は、なかなか難しい・・・(+_+)

ブタビク

資格はある方がいい

資格なしで、自分の腕1本とセンスのみでやってやろう!と息巻くのもいいですが
やっぱりちょっとした資格はほしい(^^♪

実際に「どんな資格をお持ちですか?」などと聞かれたり
黄門様の印籠みたいに、振りかざすような場面はありません
なくてもいいけれど、あった方がちょっと安心します

ブタはい

まとめ

一歩踏み出すことは、勇気がいるものです

特にお金がかかる場合、自分にできるだろうか・・・と心配になったり
そんなことをやる価値があるのだろうか・・・と弱気になったり
それでも一歩踏み出せば、また何か違った景色が見えてくるかもしれない
とりあえずやってみよう!とそう思ってもらえたら嬉しいです

ブタよいしょ

ではまた♪

コメント