【緩急】箱ポケット⓪~箱のサイズを決める、それだけ

ポケット 洋服

箱ポケットを作っていきましょう

ジャケット等に用いられるポケットの種類の一つです
難しそうに見えて、仕組みがわかると
実は、パッチポケットよりも気楽に作れます

ジャケット

パッチポケットは、貼り付けタイプのポケットで
まわり一周縫っていきます
縫い目が曲がったりズレたり、また外れたりすると、すぐわかります(笑)

パッチポケットについてはこちらから⇊

それに比べて箱ポケットは、箱部分をしっかり縫えば何とかなってしまいます
と言っても、気の抜けないところももちろんあります
ギリギリに切り込む!
どちらがどうとも言えませんが(;^ω^)

考えているより、まずはやってみましょう

基本の箱ポケット(四角)です
ゆっくりやっていきましょう

ポケット
※わかりやすいように、本体布と箱部分の布を変えてあります

何回かに分けて説明していこうと思います

  1. 箱を作って準備する
  2. 本体への縫い付けを工夫する
  3. ステッチをして仕上げる

今回は、準備編(⓪)になります

ブタわい

事前準備は箱のサイズのみ

用意するのは・・・

  • 本体
  • 口布(箱部分)・・・14×6㎝(12×2㎝の箱サイズの場合)
  • 接着芯・・・適量(口布用・本体補強用)
  • 袋布2枚
ポケット

このポケット口になる箱部分の大きさを、決めるところからはじめます

今回は、幅は2㎝程度、長さは12~13㎝にしてあります
ここは自由に設定可能です

この大きさを決めることで、袋布の大きさも決まってきます
深さは、本体ジャケットの形にもよりますが、10~12㎝程度になります

サイズが決まったら、厚紙などで型を作っておきます
今回は、4辺直角の長方形で作ります

※少し斜めにして、平行四辺形みたいな形にする場合は、また別途お届けします

ポケット
ブタ定規

袋布は、大きめにざく切りしておく感じで

袋布を2枚用意します

見えないところなので、共布でもいいし、全く違うものでも大丈夫
本体布の透け具合にもよりますが、花柄やちょっと派手めなものでも◎
残り布の使い道にもなります(^-^;

  • 本体
  • 口布(箱部分)
  • 袋布2枚・・・(15㎝×15㎝)~のものを2枚
ポケット

ちょうどいい大きさにカットすることはなかなか難しいものです

縫っているうちにズレてしまったり、また、深さを足したい!という場合もあります
袋布は、少し大きめに、ざっくりと粗裁ちくらいにしておく方がいいです

最後にポケットのまわりを縫う時に、大きさの修正ができます

見えないところ&あとから修正できるところ

ここはあまり手をかけずに、この位かなーという気持ちでいきましょう

ブタ定規

息抜きしながら

何もかもきっちり準備をして取りかかり
全てをていねいに仕上げていくのは、とても大切な事です

しかし、真剣なあまり
必要のないところにまで、無駄な力を使っていては疲れてしまいます
楽しむことも忘れないでほしいなと思います

手を抜けるところは抜いて、きっちり決めるところは決める

何が正解なのかわかっていないとできません
まずはやってみて、理解して、そしてまたやってみる
こんな感じでしょうかね(*^_^*)

もしもいきなり本番は自信がない・・・という場合は
まずは練習してみてくださいね

以下を用意して、さっそくはじめていきましょう

  • 本体
  • 口布(箱部分)・・・14×6㎝(12×2㎝の箱サイズの場合)
  • 接着芯・・・適量(口布用・本体補強用)
  • 袋布2枚
ブタ想像

今夜は中秋の名月●

ススキを飾ってお団子食べて・・・という風流な事は一切しなくなってしまいました
今年も、一応迷った挙句、チラッと庭に出て、月だけ見ることにしました

ブタ団子

季節も確実に秋へと移っています

ではまた♪

コメント