【お願い】おじゃみカバー番外編~手間取る返し口の閉じにイライラしないで・・・

おじゃみ

数回にわたっておじゃみカバーについて書いてきました
これだけはどうしても伝えたい・・・

まだ続くの・・・?
ウチの犬もそっぽ向いてます(笑)

おじゃみ

毎回ついつい長くなってしまうため
どんどん回数を重ねてしまいました

それでもこれだけは伝えたい・・・

ブタじー

返し口の閉じ方

やってみてわかる事
それは、返し口の閉じ(まつり縫い)が意外と手間取るという事です

おじゃみ

あとは、手まつりで返し口を閉じたら完成です

文にしたらこれだけで済みます
読んでいる方も、「なるほどね」と思うのですが
やってみると大変・・

少し大きめのクッションを入れているため、本体は、パンパンに張り詰めています
そのせいで←(笑)カバー自体も張り詰めていて、返し口もぱっかりとあいた状態(´・ω・`)

おじゃみ

これを縮めながらの作業は、難しいを通り越して無理・・・”(-“”-)”

だからといって、クッションを小さめにすると
カバーがガバガバに余ってしまって変な感じになってしまいます・・・悩ましい

ブタロール

縮める

パンパンに詰まっているものを押し込みながらの作業は・・・無理です
とはいえ、中身を小さくするわけにもいきません

できるだけ中身を押し込んで、ピンなどで仮止めしておきます
安全ピンとかでとめてもいいかもです

そうすると、まつり部分(返し口部分)に余裕ができて
作業がしやすい状態になります

おじゃみ
おじゃみ
おじゃみ

ちょっと美しいとは言えない縫い目ではありますが
何とかまつることができました

おじゃみ
おじゃみ

ちなみに百均の手ぬぐい風布を使っています
もうちょっと厚めの布でもよかったかなーと思っています(#^.^#)

ブタなみぬい

まだあった!

とはいえ。。。

やっぱり、頻繫に洗いたい(´・ω・`)
でも丸ごと洗うのも、ちゃんと乾いているかどうかも心配で・・・
やっぱりカバー単体で洗いたい・・・(´・ω・`)

ファスナー付きバージョンも次回お届けします

まだ続くの・・・?

ブタありがとう

暇な時に読んでくださいヾ(≧▽≦)ノ

ではまた♪

コメント