楕円底のトートバック~サイズを工夫して縫い方を分業すれば楽々クリア♪

バック

3回に渡ってお届けしてきましたキルティングトートバック♪
今回は、楕円底の付け方です

一見難しそうに見える楕円底の縫い付けも
少しだけサイズをかえて、縫い方を分けていけば割とスムーズにいきます
その辺のお話です

きっとやりたくなってくると思います(*^^*)

バック

これまでのお話はこちらから⇊
型紙裁断について⇊

ポケットについて⇊

バイヤステープ⇊

ブタ体操

楕円底とか難しいでしょ?

そう感じてしまう理由は、丸いところ(。-`ω-)
直線なら何とかなっても、カーブが出てくるととたんやる気もなくなってくる
急にレベルが上がったように感じてしまいます

たしかに、そうです

しっかりしつけをして、それから縫えばいいのでしょうが
やっぱり面倒・・・しつけなしで成功したい(。-`ω-)

大丈夫(*^^)v

ちょっとした工夫で乗り切ることができます٩( ”ω” )و
かんたんですよ!とは言いませんが、何とかなります←わりと言いがち

ブタはてな

難しいところ

それは、本体のサイズと底の円周がイコールの場合です
本体=底ピタリと合わせる必要があるから難易度高めです

今回は、本体>底(*^^)v
本体の方を大きく取り、
底布に入りきらなかった分をギャザーにしてしまおうって方法です

バック
ブタ糸通し

難しいところ2

それは、底布を縫い合わせる場合、1周一度に縫ってしまおうとするところです
直線からはじまってカーブそして直線またカーブ・・・
このように複雑な道のりを、一度で済まそうとする事・・・危険すぎます
失敗も多く、結局やり直してしまう率高めです

バック

分業しましょう

比較的やさしい直線を最初に縫い、そして最後にゆっくりと、残りの曲線を縫います
これで失敗なし(*^^)v
ストレスもなく完成です

バック
ブタ糸通し2

楕円底を縫っていこう

まずは合印

本体・底共に両脇、中心と4点の印をします

赤の直線を縫い、そして黄色の曲線を縫います

バッグ

直線から縫う

合印を合わせて、直線を縫います
カーブにさしかかるところまで縫っておきます
返し縫いはしないでおきます

直線部分は少ないですが、両脇もしっかりと縫いとめておきます

最後に曲線が残ります

バック
バック
バック

曲線を縫う

残った曲線を縫っていきます
ギャザーを寄せてピンなどでとめ、縫っていきます

4つの曲線部分が縫えたら、最後に一周縫って終わります

バック
バッグ
バイヤステープ
ブタなみぬい

さあ仕上げていこう!

マグネットホック

場所を確認して、付けましょう
あまりバイヤステープに寄りすぎると、
仕上げステッチの時にじゃまになるので気を付けましょう

バッグ
バッグ
バッグ

マグネットホックについてこちらの記事を参考にしてくださいね⇊

内ポケット

本体に縫い付けましょう

バック

仕上げのステッチ

最後に仕上げステッチを1周して完成です

バック
バック
ブタミシン

いかがでしたか?
少しだけやる気が出てきませんか?
軽い気持ちではじめてみてください

次回は、集大成ヾ(≧▽≦)ノまとめをざざっとお届けします

ではまた♪

コメント