【実践①】おじゃみカバー~順番通りに!それでいいのだヽ(^。^)ノ

おじゃみ

おじゃみカバーを作っていきましょう

前回前々回と、しつこいくらいに(笑)
その仕組みとナンバリングについて書いてきました

まだの方はこちらから読んでくださいね⇊

今回はいよいよ実践に入っていきます

順番通りに縫い合わせる

これだけです
あとは少しだけ注意点を挙げておきますので
今回ばかりは、まあこんな感じでいいかな・・・という何となくなやり方は封印して
やっていきましょう
とはいえ、番号を合わせるだけですよ?
大丈夫ですよね

  • 縫いはじめと終わりはしっかりと合わせ
  • 角はしっかり方向転換
  • 直線部分と合わせる時はしっかりと切り込んで
ブタぶひ
  1. 右側→1.2.3と縫い合わせます
  2. 左側→4.5.6と縫い合わせます
  3. 左右→7.8.9.10と縫い合わせます
  4. 番号なし(☆)→返し口になります

今回は、準備して、左右それぞれを縫っていくところまでです

準備

今回は、ミニサイズのものでお届けします(;^ω^)
最初から大きめサイズでやるのは、ちょっと自信ないな・・・という場合は
ハギレを使って、まずはミニサイズを作ってみてください

一度やると何となく全体像が分かってきて
大きいものに挑戦しやすくなります
サイズは、1辺を5㎝程度にしておくと、後で針山にも使えたりして便利です

おじゃみ

2種類の布を用意して、まわりに1㎝の縫い代を付けて準備します
今回は、花柄と無地です

おじゃみ

A布B布をそれぞれ交互に並べ、番号を付けていきます
途中で混乱しないように、大きめに書いておきます(*^^)v

おじゃみ
おじゃみ
おじゃみ
裏面に印を付けますよ~♪

はじめに番号を付けたい場合は以下を参考にしてください
番号を付けたら、交互に並べ、縫い始めていきます

おじゃみ
ブタかりかり

右1~2~3

それでは縫い合わせていきましょう
まずは右側1から始めて3までいきます

おじゃみ

2は、花柄布に合わせるために、切り込みを入れています
きれいな角度を作るために、ギリギリまでカットします

おじゃみ

3は、2と同じように、今度は下の花柄布に切り込みを入れて角度をつけます

おじゃみ

縫い終わりも、無地と花柄の印を正確に合わせます

ブタ了解

左4~5~6

左側も縫い合わせます
4からはじめて5.6と進みます

おじゃみ
おじゃみ
おじゃみ

右側と同じように、印は正確に合わせ、角と合わせるところは
ひきつれがないよう切り込みを入れます

ブタおっけい

確認

右側と左側、それぞれこのように変則な形で仕上がりました
次回は、これを合体させていきます
それもまた順番を追っていきます

おじゃみ
ブタ大丈夫

復習してみます

右側1.2.3

おじゃみ
おじゃみ
おじゃみ

左側4.5.6

おじゃみ
おじゃみ
おじゃみ

そしてこの2つを合体させます

おじゃみ

次回は、この2つを合わせておじゃみ型を作っていきます
楽しみにしていてくださいね

ブタロール

引き続き、なかなかうっとうしい天気が続いています
ちょっと朝晩は涼しいので、このまま秋へ行くのかと勘違いしそうですが
どうやら厳しい残暑はやってくるようです

睡眠はしっかりね( ˘ω˘)スヤァ

ブタ朝

ではまた♪

コメント