枕カバー作り~ミシンだけで仕上げたい

花

庭にひっそりと咲いていた花をポキッと折った
ちゃんと混んでいる枝を選んだからいいよね

芽吹きの季節になりました
今年の年明け、もう咲かなくてもいい!と思いながら庭の草花をかなり処分したのだけど
春の訪れと共に、思いもよらないところから芽が出てきて
自然はすごいな・・・と今さら思います

カバー

今回は、枕カバー♪

枕は、本当に合うまで苦労しました

高いものから安いものまで、評判のものも試したけれど
試せば試すほどわからなくなるもの

結局ロフトで買ってもらったこのfuwariラウンドクッションが、今のところ一番です
※たぶん誕生日プレゼントかなんかに買ってもらったはず

キルティング地でカバーを作ります

ひとまわり大きめに作って、仕上げに内枠を縫えば、裁ち目処理の手間が省けます

ロックミシンを引っ張り出してこなくても
糸を替えたりの準備をしたりしなくても
ミシン一台で作れます

カバー

デザイン

楕円形なので、カバー作りは厄介・・・
このままの形にした場合、ファスナーをどうするかなどいろいろ考えます

  • 外枠は四角に作り、1辺にファスナーをつける
  • 内枠を少し内側を縫えば、裁ち目も中に入る
  • 楕円形のまわりは、仕上がりで考えよう
カバー

FUWARIは、すごくフワフワなのだけど、10㎝ほどの厚みがあります
全体の長さに厚みをプラスして、長さを決め、その周りに3㎝つけて
大きいカバーにすることにします

カバー
これに縫い代を付けるのを忘れずに(^_-)-☆

本体は本当に柔らかいので、カバーも柔らかいままにしておきたい
キルティングとガーゼ(#^.^#)
たぶん、使っているうちになじんでくるはず

  • 表はキルティング
  • 裏はガーゼ
  • ファスナー
カバー

ファスナー

ファスナーは長めを準備
上前は、広くかぶせるようにしました
※耳部分を使っています

カバー
カバー
カバー

キルティングとファスナーを付けたガーゼで合わせていきます

カバー

内枠は・・・
ファスナーの辺は四角のまま、あとは丸く(^_-)-☆
で、落ち着きました

カバー
カバー
カバー

内枠を縫ってしまう事で、裁ち目が中に入り、ジグザグの必要がなくなりますね

枕でなくても、普通のクッションやちょっとしたカバーにも使えます
ファスナー付けがちょっとだけ手間ですが、
やっぱりファスナーを付けておくと後々便利ですからね~ヽ(^。^)ノ

ブタ昼寝

このFUWARI、うちの近くのロフトにはもう売っていません
もう一つくらい買っておきたかったのだけどもう廃番なのかな・・・
ネットにも見つからず・・・ちょっと残念(+_+)
大事に使わないと!

ではまた♪

コメント