アイロンかけ

アイロン 部分縫い

嫌いな家事ランキング上位のアイロンかけですが
実際やってみると意外と楽しい、という場合もあるようですよ(ない?)

洋裁ではアイロンは非常に大事です
縫ったらかける(アイロン)
このくりかえしです

アイロンがうまくかけられたら、縫うのもうまくいくし
よって仕上がりもよくなり
と、いいことずくめ(笑)

ちょっとしたコツをマスターして、作品のクオリティをアップさせましょう

アイロン

アイロンとは

布などのしわを伸ばしたり、形を整えたりします

洗濯でしわになったシャツなどを、きれいに整えたりするものです
種類も値段も豊富で何を選んでいいか迷いますが
洋裁で使う場合は、ある程度重さがあって
スチームが効いて(水が入れられるタイプ)
さらに見た目もいい感じなものだと、やる気にもつながります

先端で方向を決め、噴き出し口よりスチームが出て、蒸気と圧力を与え
下部分の広いところで仕上げていきます

アイロン

かけてみよう~割り

上布と下布を縫い合わせたものを使います
2枚合わせたところで、縫い目にまずはアイロンをかけます

縫い目を開き、アイロンの先端を乗せ、かけはじめます
スチームを加えながら、圧力も少しかけます
力いっぱいガンガン押すことはせず、布の上を滑らせるイメージです

圧力と滑らせるとではもので、反対な意味に思うかもしれませんが
布の種類によって使い分けます
圧をかけて、浮かせて、のくりかえしです

直線縫い
アイロン
アイロン

アイロンがしっかりと布の最後まで通過するようにかけましょう
先端が最後にさしかかったところで、やめてしまわないよう注意しましょう

最後まで通過して始めて仕上げが完了します
最後までかけきる、注意しましょう

かけてみよう~片倒し

今度は、縫い代を片方に倒す場合です

割りの時と同じで、まず縫い目にアイロンをかけます
次に、縫い目を倒していきます
縫い目が少し見えるくらいを目安に
アイロンをかけて、上から下へと2枚一緒に倒していきます

スチームと圧力を程よくかけながらそのまま進め、
最後までしっかりとかけます

途中で終わらないで、しっかりと通過させましょう

アイロン
アイロン

まとめ

布の材質、設定温度などに注意して
アイロンの底面(かけ面)すべてを使ってかけていきましょう

アイロン

家事にも生かせることができるよう祈っています

ブタロール

アイロンもいろいろあって、消費電力や立ち上がるまでの時間、デザインなど考えると
あれこれ悩むよね~
でも使っていて気分がよくなるものが結局は一番○(#^^#)
写真のものは、外国製なので、ちょっと作りが雑(^^ゞ感はあるものの
程より重量感もあって何よりレトロなフォルムが気に入ってます
値段もそこそこですしね
アイロンはもう何年も同じものつかってます(アオイの場合)

ではまた♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DBK スチームアイロン J80T
価格:4808円(税込、送料無料) (2020/10/14時点)

コメント