【ていねいに】みすや針でチクチク星止めする時間

星止め 部分縫い

星止めについてのお話です

星止め

星止めは・・・☆

ステッチなど目立たせる縫い目を出したくない
でも、縫い代やヘリなどを落ち着かせたい場合に用います


星のような小さな針目で縫いとめるやり方を言います
5㎜位先に針を出して、1㎜戻るという返し縫いで縫い進めていきます

手縫いの作業となりますので、ていねいに、ゆっくりと、根気良く続けていきます

ブタちくちく

使うのはみすや針

手縫いは、特に細かい作業の場合は、みすや針一択です

しなりが強くて、折れたり曲がったりしにくくなっています
使い心地が全然違います・・・

星止め
星止め

手まつり作業の時は、この三ノ二
最初見た時、小学校のクラス名みたいだなぁと思ったので、
それからずっと、頭について離れません(笑)

もう少し細いタイプでもいいのですが
だんだん細い針は・・・使いにくくなりました(針穴の関係でww)

星止め
ブタ糸通し

返し縫いの要領

やり方は返し縫いと同じです

表に見える部分になるので、ちょっとだけ気を使います(*^^)v

最初は、見返し脇や縫い目の間など、
すき間に針を入れて、玉結びを中に引き入れてはじめます

星止め
星止め

針を出したら、1㎜戻った位置に針を差し入れます

星止め

3~5㎜先に針を出します

星止め
ブタ糸通し2

手の感触が頼り

裏側には、糸目を長く出さないようにします
1~2㎜程度にして、後は中を通り表側に出します

星止め

裏側を見てみると・・・
この針先が出たところを指先で確認して
1㎜中へ刺し込み、中を通って5㎜先へと出します

星止め
針先が出たところ
星止め
1㎜すくったところ

ちょっと油断すると、すぐ長めに出てしまいます
手の感触が頼りではありますが、時々裏返して確認し、また進む
この繰り返しとなります

少し糸目を目立たせたいときなどは、
少し長めに出してもいいかもしれません
揃っていることが大事です

星止め
2㎜すくったところ

こちらは長めに出してます(^-^;

ジャケット
ああおあ

布によっても、深く沈んだ見た目になるものと
割と糸目が目立つものと、いろいろありますので
何が正解とか、失敗とかではなく
大事なのは、目が揃って、全体的に統一感があればいいかと思います

星止め
ブタなみぬい

手縫いは面倒だから出来るだけやりたくない・・・

そう思っていた時期もありましたが、
ゆっくりチクチク縫うのも、たまには悪くありませんね

確かに、なかなかはかどりませんから、
イライラ忙しい時はやめておきましょう

時間と気持ちに余裕があるときに、
たまには手縫いもどうでしょうか・・・(*^_^*)

ブタ針山

ではまた♪



コメント