ワンピース~ダーツをきれいに仕上げるために

ダーツ 洋服

実は一番伝えたかったのがこのダーツヾ(≧▽≦)ノ

ダーツって何?
立体的な人の身体に合うように、
一枚の布を一部つまんだりして山を作っていくのが、ダーツです

ワンピース

ワンピースやブラウスなどの胸のところ
スカートのウエストまわり、肩などに施しあるデザインもあります

印を合わせて、三角に縫っていけばいいダーツですが
最後の縫い止まりが、自然に平面の布になじんでいかないといけません
きれいに消え入るように平面へとつながっていくように気を付けます

ダーツ
ワンピース

このワンピースも、胸に左右のダーツがあります
ダーツを入れることによって、
胸の高さを出し、裾線を水平にし、脇に余分なしわが出るのを防ぎます

ダーツの印は目安

印と印を合わせて縫い止まり位置まで
印が三角になるように合わせます

これをこのまま印通りに縫ってしまうと
縫い止まり位置が山になり、角度が出てしまうので、
不自然な形のものになってしまいます

縫い止まりまでの印は、あくまでも目安、案内線です

この線より内側になるように縫ってください
この線よりも縫い目が出てはいけません

というお知らせです

ダーツ
ダーツ

内側を縫うために~直線+直線

自然なカーブを作るために、印よりも内側を縫う事はもちろんですが
縫い止まり位置付近でも、十分注意します

  1. 縫い止まりの位置から1㎝上に印を足す
  2. 1㎝上の印まで直線で縫う
  3. 1㎝上の印からは1㎜で、わに平行に縫い止まりまで縫う
ダーツ
ダーツ
ダーツ
ダーツ
ダーツ

その後、自然な曲線になるよう、注意してアイロンをかけます

ダーツ
ダーツ

自然なカーブを作るために~直線+曲線

慣れてきたら、もっと自然に近づけるよう、曲線で縫ってみましょう

  1. はじめは直線で
  2. 途中から自然なカーブを徐々に描き
  3. 1㎝上の印を目安に、縫い止まりの印で消えるように縫う
ダーツ

①直線+直線
②直線+曲線

微妙な差にはなりますが、①で慣れて、②が完成形、というところでしょうか
②が縫えるようになるのが目標です

ダーツ

くらべてみた

元のダーツ線に比べて、あとの二つの縫い方は、
縫い目がしっかりと内側に入っているのがわかります

縫い止まり位置を見ても、元の線に比べ
わとの角度がほとんどないことが、わかります

ダーツ
ダーツ
✖角度があると不自然 
〇平行に近づける

まとめ

ダーツは、自然なカーブが命(`・ω・´)
元のダーツ線よりも出ないように、くれぐれも気を付けて仕上げましょう

ダーツ
ダーツ
ブタアイロン

最後の仕上げのアイロンは、とても重要です
自然なカーブを意識して、まずは軽く
ダーツの先端は、自然に縫い目がなじむように、変なタックができないように
十分注意してかけましょうね

やってみようかなーと思ってもらえると励みになりますヽ(^o^)丿

ではまた♪

コメント