パネルラインをしつけなしでスムーズに縫う

プリンセスライン 洋服

ワンピースやジャケットのパネルラインやプリンセスライン♪
名前は美しいけれど縫いにくい

ダーツで胸の高さを出すかわりに、切り替えて胸のラインをきれいに出していきます

  • 肩からの切り替えがプリンセスライン
  • 袖ぐりからの切り替えがパネルライン

どちらもカーブがあり、このカーブがきつければきついほど、
縫いあげるのは難しくなります

パネルラインの方が、袖ぐりから切り替えているので
カーブはきつくなります

今日はこのパネルラインを縫っていきます

プリンセスライン

場所

袖ぐりから緩やかにカーブしてウエストへとつながっていくラインです
このまま裾まで伸びるデザインもあります

バストのサイズによって、このカーブは変化します

プリンセスライン

パーツ

前中心布と前脇布を裁断します
縫い代は1㎝にします

  • 中心布は、えぐれた曲線→凹
  • 脇布は、でっぱりの曲線→凸


これをそのまま合わせるのですが、端と端をそのまま付けるのと違い
縫い代ありの、中表に合わせての、ミシンで縫い合わせとなると、急に難しくなります

プリンセスライン

中表に合わせてみると、中央の胸の一番高い位置を境に
下半分は直線+直線なのに対して
上は、曲線+曲線、さらに相反する曲線の合わせとなっているのがわかります

この全く違うカーブを合わせることが、作業を難しくしているのです

プリンセスライン
プリンセスライン

縫い合わせ

直線と曲線を分けて考えます
直線から曲線へ、1度で縫い切ろうと考えず、難しい縫いの場合は、
数箇所に刻んでミシンをかける事も、選択肢として考えましょう

直線は、先に縫っておきます
曲線は、後でゆっくりと仕上げます

プリンセスライン

⚠脇布に合わせる

脇布に、中心布を合わせます
でっぱりカーブはそのままで、へこんだカーブを合わせていきます

 へこみカーブ(中心布)を元に、でっぱり(脇布)を合わせる、ではなく
✖ へこみカーブ(中心布)とでっぱりカーブ(脇布)を同じように合わせながら進む、でもなく
 でっぱりカーブ(脇布)をそのまま置いて、その上にへこみカーブ(中心布)を合わせていきます

縫い代1㎝ならば、切り込みなどは入れなくても縫うことができます
切り込みは、縫う前に入れてしまわずに
縫い終わった後に入れて、アイロンをかけ、仕上げます

プリンセスライン

脇布を上にもっていくと、やりづらい・・・

プリンセスライン

まとめ

ワンピースだけではなく、ジャケット、コートなどでもたびたび登場するデザインです
表地だけでなく、裏地のこのようなラインの縫いは、なかなか苦労しますね

プリンセスライン
これはガリ子((´∀`))

脇布を下に置いて、中心布をそれに合わせていく方法を取り入れてみてください
縫いを分散して、難しくストレスのかかるところは後回しにしたりするのもおすすめですよ

ブタ大丈夫

洋裁は楽しくなきゃね

ではまた♪

コメント