ちょうどいいバックがみつからない~それならば手作りしよう!楕円底に挑戦!

バック

普段使いのバッグがほしい(*^^*)
ちょっと気軽に近所のスーパーとかコンビニとか行くとか
財布を入れて持てるような・・・
エコバックの代わりになったら便利だし・・・とかいろいろ思うこの頃(・´з`・)

都合よくちょうどいいものがあればいいけれど
またちょうどいい型紙があればいいけれど
なかなか捜すのもだるい・・・(◎_◎;)

そして探し当てたところで理解するのにまた一苦労
そして型紙写しがまた一苦労・・・⇊

そんな時は、全部自分設定で作りましょう
自分サイズならば、ポケットの設定も自由、どこにでも付けられます
持ち手の長さも決められます

型紙捜すのがだるいのに、自分で型紙作るなんてもっとだるい・・・

ブタ疲労

そう言わないで、元気があるとき、気分が乗ったとき、一度やってみてください
一度やっておくと、市販の型紙で作るときも、アレンジできるようになります

バック

こんなキルティングのちょっと大きめバックを考えてみたいと思います

ブタ想像

キルティングトートバック

考えたのはこれ⇊

バック
  • 本体・・・30×90㎝(36×92㎝)
  • 底布・・・12×30㎝(14×32㎝)
  • 持ち手・・・40×3㎝(50×6㎝)
  • ※()内は縫い代込

製図はこちらになっています⇊

バック
()内は縫い代

外ポケットは縫い付け、内ポケットは本体口に吊り下げるタイプです

バック

こんなバックを作ろうと考えました

それでは詳しく見ていきましょう

イラストにしてみよう

まずはどんなバックがいいのか考えてイラストを描いてみます
自分用だからどんな絵でも構いません
こんな感じ~というように軽い気持ちで描いてみましょう

バック

次に、もう少し詳しく希望を入れてみましょう

  • 全体的に春っぽくグリーン系で
  • 高さは30㎝くらいで
  • 底は楕円にしたい
  • 外側にポケットをつけたい
  • 内ポケットもほしい
  • マグネットをつけよう
  • などなど・・・・・・

イラストを描きながら、いろいろと想像していきます

バック

そしてサイズを決めていきます
ややこしい数字は設定しないで、端数は切り捨て(笑)
自分がやりやすい数字を選びます(0か5→5進法ww)

布を選んでいきます(^^♪

布を買いに行って気付くこと

どのくらい買ったらいいのでしょうか?

以前、手芸店で働いていた時、よく聞かれました
仕事ですから、聞かれるのはうれしいのですが
何を作るかがよくわからないまま
とりあえずお店に来てみた、という人が多いのに驚きました

時間があるときは、お話を聞きながらイラストにして用尺を計算して・・・とできるのですが
なかなか忙しい時はそうもいっていられません

そんな時でも、少しでもイラストがあって、だいたいの大きさが決まっているのであれば
お店側としても大変助かるところです

ブタ定規

だってそれが仕事でしょ!

私もよく言われました
とにかく何mか教えて!と言われても困ってしまいます

どんなものを作るのか考え、イラストにして持っていってくださいね

ネットで買うから!

という人や、お店に行って聞くのはちょっと・・・という人は
とりあえず1m買いましょう
バックならば、1mあれば余裕で足りるし、仮に失敗したとしてもやり直すこともできます

カットクロス

50㎝でカットしてあるの多いな~

ブタ買い物

混んでいたりすると、大きな反物を抱えて、店員さんをさがして、さらに
「○○m切ってください」
と言うのはちょっと・・・さっさと買って帰りたい・・・
だから、ついついこの50㎝カットクロスを買ってしまいます

ブタあせ

今回も、もう少し大きめバックを考えてはみたのですが
50㎝以上となると、店員さんにカットしてもらわないといけません
面倒というより、やはり手を煩わせたくないという気持ちが先立ってしまい
50㎝の布でできるものというしばりで考えてみました
またそれもよし(;^ω^)

バック

裁ち目は、ロックミシン(ジグザグミシン)ではなく、バイヤステープ(18㎜)を使います

バック
仕上がりはこんな感じ(*^^)v

裁断

110㎝幅のキルティング生地50㎝を使ってバックを作ります

持ち手は左右の端を利用します
40㎝の持ち手に縫い代(5+5)を入れると50㎝で、布いっぱいになります

本体を乗せて、縫い代を入れ、残りで底布分を決めます
50㎝だと(布によって少し長めに切ってある場合もあるので)
底布幅は、12㎝~14㎝くらいになる計算です
※もう少し広げたい場合は、本体口の縫い代を3㎝にするなどして調整します

バック
バック
バック
☆印は調整して(;^ω^)

ポケットなどの別布は、余裕の配置になっています
これに限らず、もっと数を増やしても大丈夫です

バック
ポケットは任意
持ち手裏は50×4㎝

楕円の底が心配(T_T)

本体に、楕円の底を縫い付けることを考えると・・・
ちょっとハードル高いんじゃないかと心配になります

本体が45㎝底面は、30㎝に設定してありますので
本体>底面
となり、余分はギャザーとして入れるように考えました

本体=底面ではないので、少しズレても対処できるようにしてあります

バック

※底布の付け方は、後日アップの予定です

まとめ&これからの予定

50㎝の布を使ってできるバックを考えました
手元にある布で作ってみるのも、たまにはいいかもしれません

  • 吊り下げ式の内ポケット
  • 底面の縫い付け方
  • バイヤステープの付け方

今週は、これらについてお話していく予定です
楽しみにしていただけるとありがたいです

ブタ裁断

ではまた♪


コメント