【バイヤステープの付け方】まっすぐかカーブか見極めることが成功へのカギ♪

バッグ

キルティングのトートバック♪バイヤステープに入ります
バイヤステープ作り方については、ネットや、本も含めて、よく載っています

でもなかなかうまくいかない(T_T)

だからとても便利なのは知っているけれど
手が出しずらい・・・ですね

失敗するくらいなら、ジグザグミシンをかけてしまえ!という事になります

それでも様々なところで活用できるバイヤステープ
やっぱり便利なので、使いこなしていきたいです

バイヤステープ
布ループ
この部分を使っています(^_-)-☆

バイヤステープも種類はいろいろあって
幅もいろいろ、布もいろいろ、両折りタイプ、ふちどりタイプ、
最近では、接着タイプもあります
もちろん自作も可能です
どれをを買おうかなぁ・・・色々考えているとわからなくなります

今回のバイヤステープは、オーソドックスなもの~両折りタイプのやり方になります

まずはこれに慣れていきましょう٩( ”ω” )و

バッグ

成功へのカギ

ちょっと大げさですが・・・

直線と曲線で分けて考える!です

包みたい場所がどんな方向の裁ち目になっているのか
これが一番大切でそして大事なところです

  • 直線なのか
  • でっぱりタイプのカーブなのか
  • へこみタイプのカーブなのか
  • |凸凹混合タイプのカーブなのか

これを知ることが成功への第一歩となりますヾ(≧▽≦)ノ

バイヤステープ
バイヤステープ

こんな形のエプロンならば、三種類全部入っています(◎_◎)
ちょっと忙しい(・´з`・)

くらべてみよう

このようにバイヤステープで包まれたもの
でっぱりカーブタイプのコースターで考えてみましょう
内周ーーーと外周ーーーを直線にした場合の長さの差です

ーーーーーー  となりました

バイヤステープ

直線、でっぱりカーブ、へこみカーブをくらべてみました

  • 直線・・・・・ーーーーーー
  • でっぱり・・・ーーーーーー
  • へこみ・・・・---ーーー

それぞれに違いがあるので、
縫い方も、それぞれで変えていく必要があります

バイヤステープ
ブタビク

直線ならばそのまま自然に

バイヤステープ

バイヤステープは、バイヤス方向でカットしてあります
伸びる特性を持っています
その一方、縮めることもできます

直線の場合は、自然に任せて縫いましょう

ピンなどでとめてしまうと、自然な伸びができずに
仕上げのステッチの時に、布が余り気味になってしまいます

でっぱりカーブは縮めながら

バイヤステープ
バイヤステープ

外ーーーーーー
内ーーーー

でっぱいタイプは、外周が広いタイプです
外周と同じ長さを内周に入れ込む必要があります
縮めながら入れ込み、外周ステッチをやりやすくします

へこみカーブは伸ばし気味

バイヤステープ
バイヤステープ

外ーーーー
内ーーーーーー

へこみカーブは、外周が短いタイプです
外周の長さ分を内周に入れますので、少し伸ばし気味に縫い付けていきます
サイズを合わせると、外周のステッチがすっきりいきます

三つ入った混合タイプはそれぞれで♪

この楕円形のコースターと今回の底面、同じ種類のものという事がわかります

バイヤステープ

赤線は直線で
黄線は凸カーブで
ひとつのものの中でも、それぞれ縫い分けていきます

バッグ

トートバックの本体と底

本体

バッグ

本体には、ポケットと持ち手が付いた状態になっています
縦部分、口部分の裁ち目をバイヤステープで包みます
口部分は持ち手のところが厚くなっているので気を付けます

本体を裏に向け、裁ち目とバイヤステープをそろえて乗せ、
折り目より少し外側を縫います
その後、表に返して縫い目を隠すようにかぶせて、仕上げステッチをかけます

内ポケットの時と同じ要領で仕上げます

バッグ
バイヤステープ

底面

バイヤステープ

底面は、カーブがあるので、直線部分とカーブ部分を分けて考えます

バッグ
バイヤステープ

  

バイヤステープ

ちなみに・・・
仕上げステッチは、ノリで貼り付けてもいいかもしれません(^_-)-☆

まとめ

バイヤステープの特性を理解すれば、スッキリした仕上がりになります
ぜひいろいろやってみてください

ブタ作業

ではまた♪


コメント