布について~縦横

布 その他

布には縦と横があります

洋服や小物、何かを作ろうと考えた時、
その布が縦方向はどちらなのか、把握しておくことが大事です

ほんの小さなハンカチでも、布製である限り、縦と横があるのです

もちろんハンカチはのような小さいものは、
縦でも横でもそれほど影響はありません
形も四角ですし、用途も手を拭いたり、汗をぬぐったり
縦横を知らなくても何ら問題はありません

しかし、布の特性を掴んでいれば、縦横がすぐわかるようになります
まずは布をよく知って、これからの物づくりに役立てましょう

布ってどうなってる?

布

布は、このように反物になっています

あらかじめ幅は決まっていて、1m布を購入すると、

  • 90㎝幅のものなら    0.9×1
  • 110㎝の幅のものなら  1.1×1
  • 180㎝幅のものなら   1.8×1

となります(※それ以外の幅のものもあります)

両端はミミになっていて、ほつれたりしません
このように少し固くなっていたり、ポツポツと穴があいていたりします

布

必要分をはかって、横方向にカットします
縦に切ってほしい!ということは、普通はできません

布

実線矢印↕ が縦方向となります
点線矢印↔ が横方向となります
点線矢印↗ がバイヤス方向となります

それぞれの矢印の両端を持って左右に引いてみると、その特性がわかります

縦は、伸びにくく、横は、縦に比べて少し伸びます
洋服などでは必ず縦方向に裁断することが大事です
バイヤスは、縦横同寸をむすんだ斜めの方向となり、伸び率は高いです
バイヤステープなどはこの方向で作られています

どの布もミミを基準にして、縦、横、バイヤスと決めていきます
小さい布や、ミミがない端布のようなものも、
いつもこの反物状態を想像し、縦と横を考えていきましょう

布の方向がわからないとき

ミミがあれば、反物状態も想像できるし、縦横もすぐにわかります

しかし、端布など、すでにミミが切り落とされてしまい、真ん中部分が残された場合
どのように縦横を決めたらいいのでしょうか

布

このように、縦も横もほつれがあり、どちらかわからない場合
それぞれの矢印を両方向に引いてみましょう
伸びた方が横となります

縦横が決まったら、同寸でむすんだ線がバイヤス方向となります

それでもわからないとき

布は紙と違って、いろいろな種類や材質があります

伸びやすいものもあれば伸びないものもあります
中には縦横、同じくらいの伸び率というものもあります

そのようなものにぶつかってしまった場合・・・

それはもうどちらでも大丈夫という事になります
自信をもってどちらかに決めてしまうことが大事です

買い物に行こう

「○○mください」

はじめの頃は、そう言って布をカットしてもらうのがどうも・・・
少しだけ、ハードル高いですね
はじめはカットクロスなどを手に取ってみましょう
帯の裏を見ると、品質、規格などが書いてありますので
それらを参考に、手触りなど確かめて、購入しましょう

布
ブタ買い物
ピンクにしようかなー

それぞれの特性を把握し、生かした洋服、小物作りをしていきましょう

ブタぶひ

最初は迷ってしまうかもしれませんけど、まずは挑戦!
お近くの手芸店へ♪

ではまた♪

コメント