三巻きをやってみよう

三巻き 部分縫い

三巻き押さえアタッチメントを試してみましょう

ハンカチやリボン、フリルなど、切りっぱなしの布端を
かんたんに処理できる押さえです

アイロンで折り目を付けてミシンで縫うのが一般的ではありますが
なかなか縫い幅を、そこまでせまくはできません

そこで、特殊な押さえー三巻き押さえを登場させましょう

少しコツはいりますが、まずはしっかりした布で練習して
その後柔らかなものにも挑戦していきましょう

三巻押さえ

ミシンの基本の押さえを取り外し、こちらに取り換えて使います
先端が丸くロール状になっています
ここで布を巻き込んで縫っていきます

三巻き
種類も豊富にあるよ( ゚Д゚)

基本の押さえを外します

後ろの黒いボタンを押し、基本の押さえを外した後
三巻押さえを取り付けます

三巻き

縫ってみよう

先端を三角にカットします

布先が、押さえのロールにスムーズに入り込めるようにします
押さえを上げ、針落ち付近まで布が入ったら、針を落とし、押さえも下ろします

三巻き

縫います

布を入れるのは、縫い目のほぼ倍
☆は中に入り込み
★は外に見えるところ
となります
☆が★より多くならないように気を付けます

パンクしてしまうのがこわいから多めに入れよう

これは危険です
中に入り込み分が多いと、入りきれない余分な布がはみ出してきて
折り重なったような三巻きができてしまいます(^^;

三巻き

手前の布は三角形をイメージして設置し
入り口付近の布は、☆+★の幅をキープします
布端が矢印のように先に入っていくようにします

工業用

工業用も家庭用と同じように、
ロール状の先端に布を入れ込んで縫うようになっています

頑丈で、シンプルな作りになっています
ロール状の部分も、とても見やすくなっていて
布を入れ込むところがよく見える、という印象です
(※お値段も高額です)

三巻き
三巻き
三巻き
三巻き

どちらも出来上がりは同じですので、お手持ちのミシンで試してみてくださいね

まとめ

まずは試してみてください
布を入れ込み過ぎて分厚くなってしまったり
逆に少なくてパンクしてしまったり
やってみないとわからない事がたくさんあります

それでももしマスター出来たら・・・
アイロンで折らなくて済むし、
何よりアイロンで折った時よりも
はるかに細く美しいステッチができるのです
洋服や小物作りの幅が一気に広がってきます

ブタチラ見

三巻きのやり方はもう少し掘り下げる予定だよ♫
楽しみにしてくださいね

ではまた♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ミシンアタッチメント 家庭用三巻押さえ
価格:575円(税込、送料別) (2020/10/8時点)

コメント