布ループを作る

布ループ 部分縫い

細い布ループを作ります

専用のものを使ってもいいですが、今回は針と糸で(^^♪
この方法ができると、針より少しだけ太いだけで、
本当に細~いループを作ることができるようになります

ジャケット、ブラウス、袖口、後ろ開き、使い方次第で、色々使えます
細長くしたり、平らにしたり、また丸いアーチを大きさを変えたりと、いろいろです

布ループ

ゆっくり覚えて、ぜひ使ってみてください

布ループ

準備

地の目はバイヤス方向を使います
布の縦横バイヤスについてはこちらの記事も参考にしてください

縦方向と横方向を同寸で結んだ線がバイヤスになります
バイヤス方向に裁断し、準備します

布
布ループ

布が裁断出来たらさっそく開始です♪

ブタ体操

まずはイラストで

縦に二つ折りにし、縫っていきます

縫いはじめは広めに、中ほどは、出来上がり寸法(3~4㎜)で最後まで縫います
出来上がり寸法は、はじめは5㎜くらいから練習して
うまくいくようなら、4㎜→3㎜と進めていきましょう

布の厚さにも左右されますので、はじめは綿の薄めの布で練習しましょう

先端の三角を切り落とし、輪の方が鋭角になるように整えます

縫い代出来上がり寸法 となるように縫い代を切り落とします

布ループ

広めに縫った三角部分に針を通し、しっかり結びます
針の穴の方向からループ内にさし入れてそのまま進みます

布ループ
布ループ

出口まで針が来たら、そのまま全体を引き出していきます

最初の縫い目がほどけないように慎重に、
また道中は、布と布がこすれ合い摩擦が多く働きます
ゆっくりと、少しずつ進め、無理をしないようにします

布ループ

出来上がったら、糸を切り、アイロンをかけて仕上げます
ループの上にアイロンを置き、アイロンはそのままで、ループのみ引き出します
2~3回繰り返して、きれいなループに仕上げます

太さの一定している部分のみを使って、寸法にカットして使います

布ループ
布ループ
ブタぶひ

やってみる

では実際にやってみます
二つ折りにして縫い、縫い代をカットします

布ループ

先端は三角にカット

布ループ

糸をしっかりと縫い付けます

布ループ

針の穴の方向から中に入れて、そのまま進み
縫い終わりまで、慎重に進めていきます

布ループ
布ループ

最後まで返せたら、糸を切り、アイロンをかけて仕上げます
きれいにできたところを使います
途中でパンクしたり、太さが一定でなかったりするときもあります
そのような時のために、少し余分に作っておきましょう

布ループ
布ループ
布ループ
ブタ大丈夫

まとめてみた

布ループ
布ループ
布ループ
布ループ
布ループ
布ループ

あとは縫い付けて完成です

ブタおっけい

ジャケットの上1つボタン用、
ボタンに合わせて緩やかなカーブを付けたループです

布ループ

後ろ見頃開き部分、
横長のループです

スモック

ループ返し(専用のもの)があれば、もう少し簡単にできます
それでもこんな方法もあるのだな・・・という気持ちで
試してみてもらえると嬉しいです

太めのループから練習し、だんだん細くしていくと、
だんだん上達するものです

やればやった分、少しだけでも上達していく
やらなければ、そのままできないままか、衰えるばかり
たとえやってみたところで、現状維持かもしれないけれど
やってみないとわからないよね~ヽ(^o^)丿

ブタ糸通し
ブタ糸通し2

毎日寒くて、外に出るのが嫌になりますね
家で静かに温かく過ごしましょう ^^) _旦~~

ではまた♪


コメント