【拠り所】いつも繰り返し読んではまたたそがれる・・・

本 最近のあおい

本を読むのは好きだったけれど
さらに好きになったきっかけの本があります

それが、よしもとばななさんの著書になります
『キッチン』と『悲しい予感』

初めて手に取った、20年くらい前から
特別な思い入れのある本になりました

その頃私は、子育てがちょっと一段落した頃

それまでは、生活を回していくのに精一杯で
本を読む余裕など、全くありませんでした

子どもたちもそれぞれ学校に通い始め
少し余裕が出始めた頃です

日中に本屋をめぐり、気に入った本を物色
誰にせかされることもなく、ゆっくりと店内を見て回る・・・(#^.^#)
洋裁の他に、趣味のようなものはなく、何かはじめてみようか。。。などと
思っていました

そういえば本が読みたいな・・・

そこでふと目にした本が、この2冊でした

ブタ本

その柔らかな文章に、魂を揺さぶられる思いでした
ほんのわずかな心の中の葛藤や、諦めや微妙なズレを
心の奥の隠された気持ちを、しっかりと取り出してくれる
人に言うほどでもないけれど
でも絶対的にいつも感じている事
それらを柔らかく包み込んで、そして胸の内からそっとあぶり出してくれる
そんな言葉の数々でした

本

言葉選びをじっくりと味わいたいから
いつもゆっくりと一語一語かみしめながら読んでいきます

物語の進行ばかり気になってしまって、
ついつい先へ先へと急いで読んでしまうこともなく
こういう展開なのね・・・とか
こういう言い方するのね・・・とか
よけいなことを考えることもなく

ただ純粋に、そう、こんな感じ・・・と
自分の気持ちと照らし合わせながら
読み進める時間は
とても貴重な初めての経験でした

新しい、見たこともない、考えたことも想像することさえもしなかった
全く別の道が、この世にはあるのだと
せまい地域の、さらに狭い家庭の中で
小さく静かに暮らしていた私に、教えてくれました

世の中は広いんだぞと
まわりを見回して!上を見て!下を見て!
斜め下ばかり見ていたことに気づいたのです

本

もちろん本の内容は、そういった類の啓発本ではありません
勇気を出せとか、元気に生きろとか、そういったものでもありません

ただ淡々の物語が進んでいく
そのゆっくりした流れと共に、その文体に深く心を奪われました

気が付けば、いつもそばに置いていました
そして、なぜか何度も買い足してしまう(笑)

それから、また本をたくさん読むようになりました
あれから20年、いろいろな作家の本を読んでは
それなりに感動してきたりしましたが
ここまでガツンと心に響いたものにまだ出会っていません

ブタ心

こんな文章が書きたいと・・・いつか書いてみたいと
そんなことはできるはずはないのだけれど
諦めきれず、そう思いながら、ここまで来てしまいました

もう一度学び直したい、と思った理由の一つが
これだったのかもしれません

ブタ糸通し

自分の思いを自分だけの言葉で、しっかりと表したい
沈んだ忘れかけた思いを、言葉にしたい
これがこれからの人生の課題なのかもしれませんね・・・

ブタビク

壮大過ぎた💧

ブタ桜

春のせいだね
ではまた♪

コメント