【小技】しつけなしで長い直線を縫い切るために~エプロン作りでトレーニング♪

エプロン 洋服

長い直線を、しつけなしで縫えたら・・・そりゃいいな・・♪

簡単なエプロンを作りながら、練習していきましょう

エプロン

形はシンプル、直線のみです
長い直線縫いをきれいに縫い切るためのトレーニング(#^.^#)
エプロンを作っていきましょう

いつものように巻き巻きで収納タイプです(^_-)-☆
どうしてもたたみたい(`・ω・´)

エプロン

長い距離の直線縫いは、しつけしないとどうしてもヨレてしまいます

はじめは合わせたつもりでも、どんどんズレて、布はヨレるし、
でももうやめられないからそのままやりきってしまうと・・・
それはもう悲惨

最後は、はみ出してしまって、結局ほどいてやり直し
最初からしつけをすればよかった・・・
しっかりピンで留めていたのになぜ・・・
泣きたくなる・・・もう半分泣いてる

ブタなく

ちょっとしたコツをつかんで、さらっと縫いましょう
しつけをしないで、何とか工夫して、縫えるようにしていきましょう

さあ、やってきましょう

エプロンの形とサイズ

形は長方形▭、横方向(↔)ででとります
ポケットを付けて、ヒモを作り、脇と上下を縫ったら完成です
形はシンプルなものになります

かんたんなデザインのものでも、型紙は作ります
本体とポケットヒモをの型紙を作って裁断します

布の方向は横地、上部は、耳の部分を使います

エプロン
エプロン

たたんでコンパクトに収納します

エプロン
ブタじー

直線縫いは意外と難しい

直線を縫っていきます
直線縫いで四角に縫っていく場合、
縫いはじめ、縫い終わりがしっかり合うようにします

エプロン

長い直線距離は・・・

★普通に何も考えないで縫っていくと、押さえの圧に押されて、
どんどんズレて、斜めジワも出てきて、最終的にはかなりズレてしまいます

☆まずは、最終地点10㎝をあらかじめ縫っておきます
そして縫い始めていきます
縫う時は、斜めジワが寄らないように、
前後に引いて、布を持ったまま、同時にミシンを縫い進めていきます

エプロン
エプロン

ちょっと心配だな・・・という場合は、
途中にピンでとめたりしておきます
また、それでもちょっと・・・という場合はしつけをかけます

何とかしつけなしを目指していきましょう

エプロン
ブタエプ

しつけなしの縫い方については、こちらでも書いてます⇊

直線縫いの順番

順番に沿って縫っていきましょう

  1. 裾をアイロンで三つ折りして縫う
  2. 両脇をアイロンで三つ折りして縫う

しっかりとアイロンをかける事が大事です
縫う時は、はみ出さないように注意します

エプロン
ブタ大丈夫

ヒモ作り

ウエスト部分につけるヒモを作っていきます

  • 二つ折りにしてL字型に縫う
  • アイロンをかけて表に返す
  • アイロンをかけて整える
  • ステッチをかけて長さをそろえる
エプロン

※左右対称となるように縫い目の向きを考えましょう

ブタ了解

直線縫い~ヒモを入れて

ウエスト線は、耳で裁断していますので、二つ折りにします
アイロンであらかじめ折っておきます

折り目に合わせて、ひもを仮止めします
はみ出さないように注意して、ウエスト線を縫っていきます

エプロン

長い距離なのでどうしてもズレてしまいます
縫い終わり部分を、まず縫いとめます

エプロン
ブタチラ見

ポケット作り

最後に、ポケットを作って縫い付けます

ポケット
ポケット

所定の位置に縫い付けます
下にゴムを一緒に縫いこみます

エプロン
エプロン
エプロン

ポケットの作り方についてはこちらにも書いてます⇊

完成

お好みのボタンをつけて完成です
ポケットの幅に順を追って折りたたみ、ゴムでとめます
コンパクトに収納完了(^_-)-☆

エプロン
エプロン
エプロン
エプロン
エプロン

ちょっとだけ・・・という場合に使ってほしい
サロンエプロンは、腰に巻き付けるだけ、お気軽ですし、
薄い布で作れば、夏も快適(^_-)-☆
もちろん、長さや幅を変えてもいいですね

ブタ料理

ではまた♪

コメント