【難】宮沢賢治の世界

本 最近のあおい

宮沢賢治の本・・・いいと思いながらも
なかなか読み切れずにいます

それはやっぱり文章が難解・・・
さらに、東北なまりも入っているから、読むのにひと苦労だよねー

少し読みやすくしてあるものをまず読んだ方がいいのか???とも思ったり
いやいや注釈を読みながら進めようとか
いろいろしてますが、いまだ正解はなし

本

風の又三郎

このちょっと現代風な表紙につられて
今回は、風の又三郎に手を出す・・・(◎_◎;)

たぶん、初めて読んだのは、小学校の時(だと思う)
その後、銀河鉄道の夜に感動したときの流れで
さらりと流し読みしたような記憶は・・・ある
が・・・
全くおぼえていないし、この有名な出だしのフレーズさえおぼろげ💧

風の又三郎北風小僧の寒太郎

銀河鉄道の夜銀河鉄道999

別の話だとは知りながら、その違いをあやふやなままにしていた💧
本と歌とアニメ、全部一緒になっている脳内に呆れております・・・(´-ω-`)

とにかく難しいのだ・・・(私には)
でも、自然描写がホントにすごい
きっとそれは、田舎で生まれ育ったという事にも関係するのかな・・・
風の強さや寒さの厳しさ、そして水の冷たさや日差しの強さなど
子どもの頃に体験したものが、本の内容に重なるように思い出されてくる

実体験があるからこそ、本を通じて思い出されるのだろうか・・・
それとも体験していなくても、リアルに想像できるものなのだろうか・・・

また、東北へ行ってみたくなったね・・・( ˘ω˘)

ブタ本

ではまた♪

コメント